↓ブログランキングです。当ブログに賛同される方は、是非クリックをお願い致します!
にほんブログ村 政治ブログへ
<< マスコミの「安倍下ろし」 | main | 「福田総理」にしたいマスコミ達 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
マスコミの「安倍下ろし」
安倍総理が辞任した。
これはマスコミに無理矢理下ろされたと思える。

自民党が参院選で大敗た理由は
・年金に対する不安
・閣僚の相次ぐ不祥事
この2つが特に大きい。
しかしこれはすべて「安倍首相が悪い」といえるのだろうか。

まず、年金について。
「年金記録消えた5000万件」という常識的に考えると有り得ない事があった。
だが消えたのは安倍内閣以前の時、起こっていて発覚したのが今である。
だから「年金不信」でミンスに投票した人が「安倍不信任」であるはずがない。
またこの問題で悪いのは社保庁である。
社保庁とのつながりは自民よりミンスのほうが濃い。
これでも「安倍不信任」とは言えない。
なのにマスコミは「争点の一番は年金」「参院選大敗は安倍内閣不信任」といったことを言うのだ。

また閣僚について、特に「不適切な発言」について考えてみたい。
柳沢厚労相の「女性は生む機械」発言、久間防衛相「原爆投下しょうがない」、麻生外相の「アルツハイマーでもわかる」「酒はきちがい水」といった発言が問題とされた。
柳沢氏の発言は、よく見れば「女性は産む機械」と言ったのではなく生む機械に「例えた」のであるが、マスコミによって勝手に変えられている。
特に麻生氏の「きちがい水」発言だが、これはただ「一般に言われている」ことを引用しただけであってそう思っているとかではない。教科書に「えた」「非人」と書いてあったらそれは部落差別を肯定する、と言うようなものである。
あまり大きな問題でないことをあたかも大きな問題のように報じたり、問題でないことを問題と言う、それがマスコミなのである。
またミンス菅直人代表代行「子供を生む生産性」、社民福島瑞穂代表「子どもを埋めたい」、田中真紀子氏「口の曲がった麻生氏はアルツハイマーだ」。
などといった野党有名議員の問題発言は殆ど無視されている。

このような、マスコミの偏った報道が自民大敗の一番大きな原因なのである。(安倍総理に責任がないとも言えないが)

金が全てで米国支那朝鮮のいいなり、ルール違反も平気であるマスコミは戦後体制の象徴であり、利権の温床でもある。
日本人はマスコミに騙されてはならない。
マスコミの利権を壊す必要があるのだ。

↓ブログランキング、クリックをお願い致します!
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ:自民党 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:41 | - | -
↓ブログランキングです。当ブログに賛同される方は、是非クリックをお願い致します! ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nakashin.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
安倍晋三首相が辞意表明!【動画ニュース】
安倍晋三首相は12日、与党幹部に対し辞意を伝えた。首相は午後2時からの緊急記者会見で辞任の決意を述べた。安倍晋三首相の辞意表明記者会見を動画ニュースとともにまとめてみました。
| 安倍晋三首相が辞意表明!【動画ニュース】 | 2007/09/13 5:16 PM |